教育委員会
佐々町教育委員会TOP  >  伝統と歴史  >  東光寺と山城跡

伝統と歴史

東光寺と山城跡

最終更新日 [2011年3月4日]  

 東光寺の山号は背後の医王山をとっている。鎌倉時代初め、医王山に山城が築かれたと言われ、土塁跡・空堀を残し、山腹の井戸には筧(かけい)で水を引いたと伝えている。東光寺は1436・松浦豊久により開基、松陰禅師により開山される。1563~69年の相浦との戦には本陣となり焼失、1575・天正3年再建された。
 現在の本堂は昭和17年濱野治八の寄進により再建された。禅宗・曹洞派。現住職は第30世、遙山正徳である。

東光寺と山城跡

 

この情報に関するお問い合わせは
教育委員会
電話:0956-62-2128
ファックス:0956-62-2120


※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る TOP