教育委員会
佐々町教育委員会TOP  >  伝統と歴史  >  志方千人堂の椎ノ木古木

伝統と歴史

志方千人堂の椎ノ木古木

最終更新日 [2011年3月4日]  

1563・永禄6年一族殆ど戦死した紫加田美濃守の館の下方に当時の馬場の跡と云われる平坦な畑地(約700坪位)がある。
 その馬場跡の東端に古色滄然とした椎の木があって永禄当時の戦いを一部始終観戦したものと思われ、土地の人はこの木を御神木として大切にしている。戦いの時の戦死者の血をも吸いあげて成長したものと思われる。
 幹まわり6メートル余り、樹高20メートル余り、樹齢は定かでないが、おそらく700~800年以上のものと推定され、北松一帯でも最大の巨木である。
 この御神木の前に黒髪神社があり、紫加田一族の靈を祀っている。

千人堂の椎ノ木

 

この情報に関するお問い合わせは
教育委員会
電話:0956-62-2128
ファックス:0956-62-2120


※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る TOP