教育委員会
佐々町教育委員会TOP  >  伝統と歴史  >  三柱神社の鳥居

伝統と歴史

三柱神社の鳥居

最終更新日 [2011年3月4日]  

村上天皇時代、紀元950年前後、古川伊予守が砦を築いた記録がある。以来幾多の豪族が拠点としているが、頂上は人の生活の出来る場所ではないので、望楼としての役目を果たしていたものと思われる。テレビ塔建設以前は岩に写真のように3つの柱穴が残っていた。最後の城主、志方嫩秀美濃守の落城の悲話が伝えられている。

三柱神社の鳥居 

この情報に関するお問い合わせは
教育委員会
電話:0956-62-2128
ファックス:0956-62-2120


※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る TOP