教育委員会
佐々町教育委員会TOP  >  伝統と歴史  >  大日山

伝統と歴史

大日山

最終更新日 [2011年3月4日]  

平安末期の大日佛の伝播地名であろう。1280年頃から1498年の200年間、佐々氏の居城として、大日山城と呼ばれ空堀を残している。江戸時代になってもこの周辺は松浦氏支配の拠点であった。1600年代初、神田正興寺の飛地佛堂として高徳山大日寺が置かれた。後の方には松浦一族と思われる英安隆公等の墓碑や中世~江戸期の五輪墓等が半ば崩れて残っている。

大日山.jpg

 

この情報に関するお問い合わせは
教育委員会
電話:0956-62-2128
ファックス:0956-62-2120


※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る TOP