総合トップへプライバシーポリシーリンク集サイトマップ
ホーム  >  健康・予防  >  糖尿病予防メニュー(広報10月号)

健康・予防


糖尿病予防メニュー(広報10月号)

最終更新日 [2011年6月1日]  

糖尿病予防

 検診で血糖値が高く、糖尿病を強く疑われる状態でも、自覚症状があまりない病気のため、治療を受けないことがどうしても多くなりがちになるからです。

 しかし症状が出なくても、糖尿病は徐々に進行し、恐ろしい合併症をひきおこします。

 糖尿病の本当の怖さは、この合併症なのです。

 この予防のためには、運動と食事が大きな柱となります。

食事において糖尿病予防のポイントは・・・

 

1 野菜を積極的に食べる・・・まず野菜から食べ始める

(野菜に含まれる食物繊維が糖の上がりを緩やかにしてくれます)

2 間食をとりすぎない

(甘いものは血糖値を急激にあげます)

3 早食いを防ぐ

(満腹のサインがでるまで約20分かかるため、ゆっくり食べる事で、食べすぎを防ぐことができます)

写真
 

 

○わかめのスープ(右下)

○ヘルシーマーボーなす(左上)

○とろろとしめじのチーズ焼き(右上)

 

1人当たり栄養価

  エネルギー

(kcal)

たんぱく質

(g) 

脂質

(g)

カルシウム 

(mg)

 

(mg)

食物繊維 

(g)

食塩 

(g)

 472

17.0

10.5

152

2.0

7.8

2.5

 

この情報に関するお問い合わせは
健康相談センター
電話:0956-63-5800
ファックス:0956-41-1051


※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る ホーム