総合トップへプライバシーポリシーリンク集サイトマップ
ホーム  >  健康・予防  >  痛風予防メニュー(広報11月号)

健康・予防


痛風予防メニュー(広報11月号)

最終更新日 [2012年2月1日]  

痛風予防

 

尿酸ってなんでしょう?実は尿酸は食べものには含まれていません。食べ物中にある「プリン体」が肝臓で尿酸に変わるのです。このプリン体が尿酸に変わる作業で、アルコールを飲み過ぎたり、たんぱく質(肉、魚、卵、大豆製品)をとりすぎると、尿酸がたくさん作られてしまいます。この尿酸は増えると“痛風発作”がおこります。

尿酸が高い状態から痛風発作を発症するまでは約1015年と推定されています。

まずは生活改善から!!

1.肥満の解消

2.食事の見直し(摂取エネルギーの適正化、プリン体の摂取制限、十分な水分摂取

         尿をアルカリ化する野菜などの摂取)

3.アルコールの摂取制限(日本酒1合、ビール500ml、ウィスキーダブル1杯)

4.適度な運動(有酸素運動)

5.ストレス解消

痛風予防
 

 

○きのこサラダ(右下)

○ひじきの煮物()

○大豆のドライカレー(左下)

 

この情報に関するお問い合わせは
健康相談センター
電話:0956-63-5800
ファックス:0956-41-1051


※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る ホーム