総合トップへプライバシーポリシーリンク集サイトマップ
ホーム  >  健康・予防  >  肝臓病予防メニュー(広報1月号)

健康・予防


肝臓病予防メニュー(広報1月号)

最終更新日 [2012年2月1日]  

肝臓病予防

 肝臓はたんぱく質や糖、コレステロールを合成したり、余ったエネルギーの貯蔵、そしてアルコールの解毒までをおこなう身体のなかでも大きな化学工場の役割を果たしています。

肝臓病と言うと飲酒する人に限っての病気とおもわれがちですが、最近は食べ過ぎなどからくる、非アルコール性脂肪肝炎(NASH)が増えてきています。そのため肝臓には高脂肪、高カロリーの食事が大敵です!!

食べ方、飲み方を見直していきいき健康な2012年を目指しましょう。

 

*1日の適正飲酒量*

 ビール 500ml 1本  日本酒 1合  焼酎 1/2合 

※ただし女性は男性にくらべて肝機能が弱いため、ビールは350ml程度が適量です

料理写真
 

    ○たこと長いもの焼きコロッケ(左上)

○ほうれん草のみそ汁(右下)

○ブロッコリーの卵とじ(右上)

 

          • 添付資料 作り方 新しいウィンドウで(ワード:51.5キロバイト)
         
この情報に関するお問い合わせは
健康相談センター
電話:0956-63-5800
ファックス:0956-41-1051


※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る ホーム