総合トップへプライバシーポリシーリンク集サイトマップ
ホーム  >  健康・予防  >  骨粗鬆症予防メニュー(広報3月号)

健康・予防


骨粗鬆症予防メニュー(広報3月号)

最終更新日 [2012年3月1日]  

骨粗鬆症予防メニュー

 日本人のカルシウムの量は全年齢において不足しています。しかしながら、カルシウムの吸収率はあまりよくないため、吸収率のよい牛乳、乳製品等を摂取することが、カルシウム不足解消の近道です。毎日コップ1杯の牛乳もしくはヨーグルト等を食べる習慣をつけましょう。また、運動をすることで骨からカルシウムが出ていくことを防ぐことができます。食事、運動を併用して、骨粗鬆症を予防しましょう。 

 

    ○レモン風味切干大根(左上)

○小松菜のチーズミルク煮(右上)

○和風ハンバーグ(右下)

 


写真

 

         

        • 添付資料 レシピ 新しいウィンドウで(ワード:54キロバイト)

         

         
この情報に関するお問い合わせは
健康相談センター
電話:0956-63-5800
ファックス:0956-41-1051


※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る ホーム