総合トップへプライバシーポリシーリンク集サイトマップ
ホーム  >  健康・予防  >  骨力アップメニュー(広報2月号)

健康・予防


骨力アップメニュー(広報2月号)

最終更新日 [2013年2月1日]  

 

骨の健康に欠かせない栄養素といえばカルシウム。じつはカルシウムはあまり吸収のよい栄養素ではありません。ビタミンDとビタミンKの助けが必要なのです。じょうぶな骨のために、今日からはじめられる習慣をご紹介します。

(1)     毎日牛乳をコップ1杯飲もう

    牛乳や乳製品のカルシウムは比較的吸収率が高いので、カルシウムを毎日確実にとるにはやっぱり牛乳!

 (2)    納豆を食べよう

    ビタミンKはカルシウムを骨に取り込むのを助ける栄養素。納豆はビタミンKがずば抜けて多い食品です。

 (3)    青菜を食べよう

    青菜類もビタミンKが多い食品です。カルシウムや骨粗しょう症予防の有効性がわかってきた葉酸も豊富。

 (4)    魚を食べよう

    ビタミンDはカルシウムの吸収を助けます。ビタミンDが足りないと、カルシウムの摂取が充分でも吸収や代謝がうまくいきません。魚がおもな供給源です。

 

 

 写真

右下:ごぼうの牛乳みそ汁

右上:青梗菜のマヨぽん和え

左上:カレイのチーズムニエル

 

  • 添付資料 作り方 新しいウィンドウで(ワード:61.5キロバイト)

 

 

      •  


この情報に関するお問い合わせは
健康相談センター
電話:0956-63-5800
ファックス:0956-41-1051


※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る ホーム