総合トップへプライバシーポリシーリンク集サイトマップ
ホーム  >  税金  >  住宅耐震改修に伴う固定資産税の減額措置について

税金


住宅耐震改修に伴う固定資産税の減額措置について

最終更新日 [2011年3月9日]  

制度の概要

平成18年1月1日から平成27年12月31日までの間に、昭和57年1月1日以前に建てられた住宅に対し、一定の耐震改修工事を行った場合、一定期間の固定資産税を減額する制度です。

 

 

主な要件

・昭和57年1月1日以前に建てられた住宅であること。
・平成18年1月1日から平成27年12月31日までの間に耐震改修工事を完了し、現行の耐震基準に適合する住宅であること。
・耐震改修工事費用が1戸あたり30万円以上であること。

 

 

減額される内容

一戸あたり120平方メートル相当分までの固定資産税の2分の1を以下の期間減額します。

 

 

減額期間

耐震改修工事が完了した年の翌年度分から、工事完了時期に応じ
・平成18年1月1日から平成21年12月31日までに改修した場合   3年度分
・平成22年1月1日から平成24年12月31日までに改修した場合   2年度分
・平成25年1月1日から平成27年12月31日までに改修した場合   1年度分

 

 

申請方法

減額を受けるには、工事完了後3カ月以内に次の書類を税務課へご提出ください。
耐震基準適合住宅に係る固定資産税の減額適用申告書
・現行の耐震基準に適合した工事であることの証明書等
・耐震改修工事の内容およびそれに要した費用の分かる書類

この情報に関するお問い合わせは
税務課
電話:0956-62-2101
ファックス:0956-62-3178


※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る ホーム