総合トップへプライバシーポリシーリンク集サイトマップ
ホーム  >  国保・医療・年金  >  保険料の追納

国保・医療・年金


保険料の追納

最終更新日 [2011年3月11日]  

  免除、学生納付特例および若年者納付猶予に該当した期間の保険料は、10年間さかのぼって納めることができます。年金額を満額に近づけるために、生活に余裕ができたら追納することをお勧めします。
 ただし、2年を超えて追納する場合は、当時の保険料に加算額がつくのでご注意ください。
 また、追納は免除を受けた期間の古い月から順に収めることになっています。ただし、免除期間と、学生納付特例期間、若年者納付猶予期間の両方がある場合は、どちらを先に納めるか選択することができます。

 
 年金の保険料を未納のままにしていると、将来もらえるはずの年金がもらえなかったり、けがや病気などにより障害を負った際に、障害年金が受給できなかったりする場合がありますので、年金の保険料を払えないときは免除についてご相談ください。

関連リンク

国民年金保険料の免除

 

この情報に関するお問い合わせは
保険環境課
電話:0956-62-2101
ファックス:0956-62-3178


※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る ホーム