総合トップへプライバシーポリシーリンク集サイトマップ
ホーム  >  計画・方針  >  公共施設等総合管理計画を策定しました

計画・方針

公共施設等総合管理計画を策定しました

最終更新日 [2016年6月22日]  

国において、平成2511月に「インフラ長寿命化基本計画」が策定され、平成26422日に「公共施設等の総合的かつ計画的な管理の推進について」で地方公共団体の行動計画である公共施設等総合管理計画の策定要請がありました。

佐々町も公共施設等(建築物・インフラ施設)の多数が老朽化による更新等の時期を迎えており、すべてを更新するには莫大な経費が必要となる見込みですが、人口減少や少子高齢化などの課題もあり、公共施設の老朽化対策は今後の財政運営を考えるうえで重要かつ喫緊の課題です。

そこで、長期的視点に立ち、公共施設等の現状と課題を踏まえながら将来を見据え、安定した行政サービスを維持・提供していくために、保有量圧縮、長寿命化、集約化等に向けた全体方針や改善策を取りまとめ、実行していく必要があります。

こうした状況を踏まえて、今後の財政運営においては、国からの支援を活用しながら町の将来を担う次の世代の過度な負担にならないよう、公共施設等の有効活用と改善に向けて取り組むことを目的として「佐々町公共施設等総合管理計画」を策定しました。

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る ホーム