総合トップへプライバシーポリシーリンク集サイトマップ
ホーム  >  産業・労働  >  農業用のため池の保全に向けて (お願い)

産業・労働


農業用のため池の保全に向けて (お願い)

最終更新日 [2013年3月29日]  

ため池点検・管理を次の通り実践しましょう

 

1.避難先など緊急時の体制を事前に決めておきましょう


2.点検や見回りの際は、安全確保のため、必ず「複数の人」で行動しましょう


3.年に1回以上、草刈りを行い漏水や亀裂などの異常がないか確認しましょう


4.年に1回程度はため池の水位を下げて、堤内の点検をしましょう


5.定期的な点検・補修とその記録を保管しましょう


6.非常時の応急資材(土のう、杭、ロープなど)の準備をしておきましょう


7.大雨が予想されるときは、堤体を越流しないよう水位を管理しましょう


8.転落事故などを未然に防止するために防護柵や立入禁止・危険告知看板設置など
  施設の安全対策と点検を行いましょう

この情報に関するお問い合わせは
産業経済課
電話:0956-62-2101
ファックス:0956-62-3178


※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る ホーム